C77e548b 3c1a 4e31 a4fa 576a961e0b2c

オリジナルノートを和綴じで

D5b984f4 a1b6 413a bba9 3ab2a1505e17

色取り取りの和紙から選択

783b837c 5ddc 4875 be0c 58dbaace5bad

体験中の様子です

08d827b1 0c31 471a aedd 65951e496ca4

老舗製本会社の社員が丁寧に教えてくれます

体験の特徴

  • 日本古来の製本技術を体験!
  • 作ったノートはその日にお持ち帰り!
  • 表紙の和紙は数種類から選べます。

体験先について

  • 創業100年(1919年)!和綴じもできる数少ない老舗企業です。
  • 大型の製本設備を有し、月間200万冊程書籍の製本を行ってます。
  • クラウドファンディングも挑戦する先進的な一面も。

直近の開催日

当日の流れ

14:00

集合(いざ出社)

スタッフがお出迎え!

14:05

座学

体験中はもちろんですが、体験の前にも簡単な座学があります!座学は、製本技術や和綴じの歴史など。聞きたい事遠慮なく質問くださいね♪

14:10

製本体験スタート!

まずは道具の説明から!紙を折る「カケヘラ」、ノートに穴を開ける「目打ち」と呼ばれる各道具の説明があります!

14:20

表紙を選ぶ

和紙でできた表紙を数種類から選ぶことができます!和紙は1枚1枚柄が異なるため、色だけでなく和紙の柄も見て本の表紙を選んでいきましょう!本の表紙は、表と裏を別の色にすることもできます。

14:30

角布(かどぎれ)を選ぶ

角布とは、閉じている側面の見た目を良くするもの(強度もUP)です。こちらも数種類から選べます!

14:40

いざ製本!

表紙を取り付ける
①表紙を中身に折り込みます
 表紙の方が大きくなっているので、折り込んでいくイメージです!
②表裏両方やります
③表紙を糊で接着します
④穴あけ
 目打ちを使って、本に穴を開けます。

15:15

和綴じ体験

ノートを糸で縫っていきます!ひと筆で縫います!
糸で綴じているものが少ない現代では、貴重な体験と言えます!
希望者には、下題というノートの名を書く白紙の用紙が用意されています。

15:40

記念撮影・質問タイム

手作り製本したノートを持って、記念撮影をしましょう!体験して気になった点やずっと聞きたかったことなど、貴重な機会なので聞いてみましょう!

16:00

退社!

和綴じで製本した世界に一つだけのノートを何に使いましょう?御朱印帳はドンピシャな気がします。日記にすると毎日開くのが楽しみになるかもしれません。

体験概要

体験プラン

「手作り本(ノート)ワークショップ」

体験先

株式会社国宝社

集合場所

現地集合

集合場所住所

東京都板橋区向原2-2-1

アクセス

有楽町線・副都心線「千川駅」より、徒歩5分
有楽町線・副都心線「小竹向原駅」より、徒歩7分

時間

14:00 ~ 16:00 (2.0時間)

定員

1~6人

締切日

2日前 18:00迄

対象年齢

6才以上(12歳未満は保護者と同伴が必須(同伴者は1名まで無料)

準備物

手ぶらでOK

服装

畳に座って作業しやすい服装

食事

食事休憩なし

補足事項

特にありません

※保険についてはこちら

体験先の思い

私たちの工場には、日々、さまざまな人の想いが、紙の上に印刷されてやってきます。
私たちの仕事は、それを綴じ、想いが届きやすい形にすること。
私たちの役割は、「つたえるのささえて」。
それが 製本業。

100年間続けてきた「製本」を今ままでとは違う形で、人の心と心をつなぐことはできないかと。
家族の心をつなぎ、友人たちの心をつなぎ、恋人たちの心をつなぐ。そのような場面のあらゆるところで、私たちの技術を役立てたい。
デジタル化が進んだ今だからこそ「人手間」かけたものを作りたい。

そんな気持ちで、ワークショップを開催しました。
是非、お楽しみください。

プランナーの思い

ご朱印帳や日記など、大切なノートは「自分で作りたい」「人とかぶらないのが良い」そんな方におすすめの職場体験です。
「和紙が好き」「思い入れのあるものを使いたい」という方にも一度体験して欲しい職場体験です。都心からのアクセスも良いので、日記を付けたい方や粋なお土産や贈り物をしたい方にもおすすめです。

開催日

■ご利用の流れ

①見つける

エリア・カテゴリー・価格・人数・タグからお好みの体験を探すことができます。

②予約する

お好みの体験が見つかったら『予約する』ボタンを押して、お申込みフォームに進みましょう。事前にカード決済ができます。

③体験する

お申込み完了メールで予約番号や詳細が確認できます。現地集合・現地解散の体験ですので、移動時間や前後に観光してよい1日にしましょう。